リトルラボ

気になったサービス・情報を調べています

仕事・勉強場所

本をまとめて読みたい時は国立国会図書館に行こう

投稿日:

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

国立国会図書館

本をまとめて読みたい時、本屋、近くの図書館に行くかわりに、東京まで足を伸ばせるのであれば、国会図書館という選択肢はどうでしょうか。

下に記載の「納本制度」により、読みたい本はほぼ閲覧出来ますし、広い閲覧席で落ち着いてじっくりと本を読めます。また喫茶・食堂などもありますのでゆっくり一日過ごせますよ。

国立国会図書館とは

ウィキペディアより引用

国立国会図書館は、日本の立法府である国会に属する国の機関であり、国会の立法行為を補佐することを第一の目的とする議会図書館である。同時に、納本図書館として日本で唯一の国立図書館としての機能を兼ねており、行政司法の各部門および日本国民に対するサービスも行っている。

国内で発行されたすべての出版物がある ー 納本制度について

納本制度により、国内で発行されたすべての出版物が収められるので、読みたい本はほぼ全て探せるのではないかと思います(マンガなども読めます)

国会図書感のホームページより引用

「納本制度」とは、図書等の出版物をその国の責任ある公的機関に納入することを発行者等に義務づける制度のことです。わが国では、国立国会図書館法(昭和23年法律第5号)により、国内で発行されたすべての出版物を、国立国会図書館に納入することが義務づけられています。

国立国会図書感はいくつか分館がありますが、以下東京本館(東京都千代田区永田町)ついて書いています(他にも京都に関西館、東京上野に国際子ども図書館、他分館がいくつかあります)

国立国会図書館は個人利用できます(原則満18歳以上)

基本的には議会図書館ですが、個人で利用が可能です。ちょっと敷居が高く感じますが、原則満18歳以上であれば、だれでも入館可能です。

利用者登録しなくても入館はできますが、利用できるサービスに限りがありますので、身分証明書を持って利用登録しましょう。

利用登録方法などは、国会図書館のホームページ「来館される方へのお願い」に詳細が記載されています。

利用時間・休館日

アクセス(東京本館)

喫茶・食堂もあるので、一日ゆったり過ごせます

 

館内には、食堂や喫茶室もあるので、朝から夜までじっくりと本を読みたい時におすすめです(喫茶・食堂への本の持込はNGです)

喫茶室もゆったりとしていますし、6階の食堂からは国会議事堂が見えるなど眺めもいいので、読書の合間にリラックスできます。

東京に足を伸ばせる方は是非一度は利用をおすすめします。

-仕事・勉強場所
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンビニ外観

イートインを設置しているコンビニが増えてきた

イートイン設置コンビニが増えてきた 外出先でパソコンの作業をする場所としては、大体はカフェや図書館などになるかと思いますが、最近はコンビニのイートインが増えてきて、PC作業できる場所が増えてきました。 …